経験豊富な交換業者

給湯器の業者選びと相場

給湯器が古くなった時値段がいくらぐらいするか気になりますよね。思っていたより高くてびっくりしたという人も多いようです、給湯器はメーカ-業者によって値段が大きく違うので、何件か見積もりを出してもらうようにしましょう。値段で変わってくるのは、給湯の能力の違い、省エネの高いのにするか、追い焚き能があるかどうか、暖房機はどうするかによって値段が違ってきます。
給湯器の相場ですが、暖房がないタイプの2~4人家族用で追い炊きなしで5万~12万、追い焚きありのオートで7万~24万、フルオートで10万~27万円になります。依頼する業者で割り引きが大きく違ってくるので業者選びは大事になります。忘れがちなのが給湯器の取り付け工事費になります。だいたいのメーカーで、3万~4万前後になります。
工事費の中には10年の保証が入っているものもあるので、依頼の時に保証がついているかどうか聞いておきましょう。給湯器が業者ごとに大きく変わるのは、給湯器の仕入れの値段で変わってくるからです。施工する実績が多い会社はその分安く仕入れを抑えることができるので、値段を安くすることができるのです。安さだけ考えがちですが、きちんとアウターケアをしてくれるかも重要になります。

給湯器の交換は専門業者に頼もう

給湯器は、年数が経つ毎に老朽化が目立つ部分があり、交換時期の目安は10年位で給湯器の使用頻度や状態によっては、年数のプラスマイナスもあります。交換目安の年数以内でも、温度の変化が起きたり、いつもと違うガス臭さなどがあったりする場合には、早目に修理か交換するのが大切です。
給湯器の交換を自分でやる場合、住居が賃貸の時には色々な決まりがあったり、持ち家の場合でも危険を伴う可能性があるので、給湯器の交換は専門業者に頼みましょう。専門業者に頼む場合は、ガス会社や給湯器メーカー、給湯器を販売している販売店などになりますが、それぞれ価格などを含めメリットやデメリットがあります。
ガス会社に頼む場合は、技術力への安心感や知っている会社という安心感などがメリットになると思います。デメリットとしては、ガス会社の場合割引などをあまり行っていないケースがあるので、定価に近い価格での購入という事もあります。給湯器メーカーに頼む場合、正規部品など対応品が充実していて、先々修理の依頼もし易くなるというメリットがあります。
デメリットには、メーカーから下請を通して交換作業が行われる事が多く、コストが高目という部分があります。給湯器を販売している販売店に頼む場合、業者によってはかなり安い所もあり、コストを抑えたい時には最適です。この場合には、業者選びがポイントになります。

menu

2017年08月24日
リーズナブルな料金で丁寧な仕事を更新しました。
2017年08月24日
交換の具体的な内容を更新しました。
2017年08月24日
経験豊富な交換業者を更新しました。
2017年08月24日
給湯器交換を意識する日を更新しました。

Copyright(C)2017 損をしない給湯器交換の賢い豆知識 All Rights Reserved.